可愛い服を着て、流行りのメイクをして雑誌に登場するファッションモデルは、女の子なら一度は憧れた仕事ではないでしょうか。モデルに興味はあるけど、彼女たちがどのような方法でモデルになったのか、また自分がモデルになる為にはどうしたらいいのか、知らない人も多いかと思います。
そんな人の為に、モデルになる為の方法をご紹介します。

 

スカウトがきっかけ

渋茶や原宿などでスカウトされたというモデルさんも多いように、スカウトはモデル業界に飛び込むには、重要なきっかけなのです。
スカウトする元は、芸能事務所だったりモデル事務所だったりします。
スカウトされたからといってすぐにモデルになれる訳ではなく、ウォーキングのレッスンや、オーディションを受けなくてはいけません。
またスカウトされるためには、それなりの容姿も必要です。
道を歩いているたくさんの人から選ばれる為に、自分を磨き、努力する事も大切です。

 

ファッション誌のモデル募集に応募する

有名なファッション誌のほとんどが、年に1度ぐらいのペースで、誌面で専属モデル募集を行います。
事務所に所属していない人でも条件さえ合えば応募できるので、雑誌を隅から隅まで読み、募集広告を見逃さないようにしましょう。
合格すれば、すぐに専属モデルとしてデビューできますが、かなりの高倍率になります。
普段レッスンを受けているモデル事務所の子や、プロアマレベルの子まで応募してくるので、最終選考まで残るのは至難の技です。
しかしながらその雑誌の雰囲気を損なわない容姿と、モデルになりたいという強い意志があれば、一度応募してみることをお勧めします。
何事もあきらめずに挑戦する行動力も、モデルになる為には必要です。

 

モデル事務所のオーディションを受ける

モデル事務所は随時、モデル候補を募集しています。
スカウトを待ったり、ファッション雑誌に応募するより倍率が低いので、確率が上がります。
モデル事務所に入れたら、レッスンやオーディションの日々です。

 

最初は小さい仕事ばかりでモチベーションも上がらないかもしれませんが、チャンスはいつやってくるかわかりません。
小さい仕事でも精一杯こなし、みんなから憧れを抱いてもらえる、そんなモデルを目指して頑張りましょう。

更新履歴


このページの先頭へ戻る